本文へスキップ

アメリカの大学への留学について。

アメリカの大学留学

2年制大学

海外の大学に留学して有利な就職活動を/2年制大学

アメリカにある2年制大学、通称Two-yearCollegesは約1,800校です。 大学の半数弱が2年制大学で短期プログラムも充実しており、年数的にも留学に 適している大学といえるでしょう。 公立のコミュニティカレッジと私立のジュニアカレッジがあり、通常2年間の 学部課程で準学士号を取得できます。 公立の2年制大学コミュニティカレッジ(CommunityColleges)は主にその地域の 住民の税金で運営されており、広い分野の技術を身につけるための職業教育コース、 卒業後に4年制大学へ編入するための進学コースがあります。 年齢制限もありませんし特に前者は生徒の年齢層が広く、生涯教育の場としても 活躍しています。 授業料も公立ですので高くはありませんし、入学するのに必要な英語力も4年制大学 に比べて低いので留学生にも敷居が低く人気があります。


ジュニアカレッジ

私立の2年制大学は公立のコミュニティカレッジに対してジュニアカレッジ (JuniorColleges)と呼ばれます。 運営は宗教関係団体によるものと独立した組織によるものがありますが、どちらも ジュニアカレッジから4年制大学へステップアップすることを目的としています。 4年制大学へ編入目的の一般教養コースがメインで、最終的には4年制大学に 進むことを第一に考えて授業を受けることになります。 そこまで考えるとジュニアカレッジへの留学は2年間だけで満足できるかというと 少し悩んでしまうところで、勢いで4年制大学への編入までをも狙いたくなって しまうかもしれません。 少し留学したい、どんなものか体験したいという程度の気持ちなら留学先の大学に ジュニアカレッジを選ぶのは良策ではないかもしれません。 コミュニティカレッジよりも授業料は高いということも覚えておきましょう。


4年制大学

アメリカの4年制大学は公立私立合わせて約2,300校もあり、どこにすべきかは 個人の判断では難しいでしょう。 現在日本の大学に通っているのならその大学と関係の強い学校の中からを選ぶなど、 自分が選択する前になにかしらの方法で絞っておかないと、とてもではありませんが 1つだけを選ぶことは出来ないでしょう。 2千もの大学を自分で調べて良い所、悪い所を比べる作業をできるか、これはほぼ 無理なので諦めてもう少し絞ってから具体的に各大学を調べたほうが効率的です。 4年制大学は総合大学、リベラルアーツカレッジ、単科大学の3つに大別されて、 学生の数は1,000人以下の小規模な大学から50,000人の大規模な大学 までがあります。 通常4年間で学士号を取得となりますので、留学をたっぷりと堪能したいのであれば 4年制大学を選んでみるのもやりがいがあっていいかもしれません。