本文へスキップ

留学をするタイミングはいつがベストなんでしょうか。

留学はどのタイミングで?

高校卒業と同時に

海外の大学に留学して有利な就職活動を/高校卒業と同時に

教育システムが日本と違うこと、高校の授業だけでは語学力不足であるなどの理由から 日本の高校卒業後にすぐ海外の大学に進学することは難しいです。 それでもすぐに海外留学したい、大学に入学する前に行きたいと高校を卒業 してすぐに留学しようとするのなら、その道がないわけではありません。 多少困難でまだまだ普及していなくレアな方法かもしれませんが、最初に1年間の 予備コースを選択して留学する手があります。 この予備コースはそれだけでは正式に入学している扱いにはなりませんが、大学 によっては予備コース修了後に大学2年に編入できる学校もあり、まじめな学生 なら実際には一年生と同じような扱いを受けられることもあります。 予備コースに1年、その後に通常通り1年通うことで2年分の実績を得ることも 可能ですので、最終的には通常の留学と同様になります。 全ての大学でこのような扱いを受けられるわけではありませんし、国が違えば システムも全く別物になることもありますので、留学前にしっかりと調査をして 自分にぴったりの留学先、国と学校を選びましょう。


大学の留学制度

日本の大学生に人気の留学先にはアメリカ、カナダ、オーストラリア、スウェーデン、 イギリス、ニュージーランドなどがあります。 そのような人気の留学先に行きたいのであれば、留学制度の充実した大学や専門学校 に進学することで有利に事を運ぶという方法もあり、これが留学の王道パターン になるでしょう。 国際化に伴い日本にある大学や専門学校には留学制度が充分に整った学校が多くなり、 やる気のある学生にとっては望ましい状況になっています。 大学1年目は自動的に海外の大学で学ぶシステムになっている大学もありますし、 2年目から海外の大学に編入するシステムをとっていることろもあります。 そういった学校へ進学すれば留学までの流れもスムーズで、簡単に海外で勉強 することが実現します。 その後日本へ戻ってきて卒業、就職となりますが、その経験を活かして就職先の 選択肢もきっと増えるでしょう。


日本の大学から編入

日本の大学を経由しないでの留学、日本の大学に在籍してから留学生としての留学 だけでなく、日本の大学から海外の大学へ編入するという方法もあります。 日本の大学に在籍して学んでから、休学せずに海外の大学に編入して卒業を目指す、 という流れになります。 多くの学生が留学しているアメリカやオーストラリアでは、日本とあちらの大学間 で単位の移行を認める制度もあります。 日本で取得した単位を移行することで編入先の大学の単位に置き換えることが 可能なので、最初から海外の大学に入学して卒業を目指すよりも余裕ができます。 日本で取得した単位の分だけ海外で卒業までに取るべき単位数が少なくて済むため、 プライベートな時間を多く持つことができるでしょう。 この制度を利用したいのなら、その大学に単位移行に関する協定を結んだ 海外提携校があるかどうかが問題になりますので、入学前に調べておきましょう。